プロペシアで前髪を取り戻す

あの有名なプロペシアの効果について

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬で、フィナステリドという成分が含まれている医薬品であり発毛に効果があります。
フィナステリドという成分は、男性ホルモンの生成を抑制することで抜け毛予防と発毛を促します。
プロペシアにはジェネリック医薬品のフィンペシアやエフペシアがあります。
プロペシアと同様にフィンペシアやエフペシアを通販で購入することもでき、しかも価格はジェネリック医薬品であるために先発医薬品のプロペシアよりも安い価格で購入することができます。
もちろんこれらのジェネリック医薬品にもフィナステリドが含まれており、プロペシアと同様の効果を得ることができます。
そもそもフィナステリドとは世界で使用されているAGAの成分です。
フィナステリドが含まれているプロペシアは5α-還元酵素を阻害する医薬品で、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンを抑制させる働きが在ります。
男性型脱毛が起きる原因は遺伝子によるものだと言われています。
そのメカニズムと言うのは、男性ホルモンのテストステロン、体内酵素の5α-還元酵素の2つが結びつくと、テストステロンはジヒドロテストステロンに変換される事になります。
ジヒドロテストステロンはDHTとも言われている強制脱毛ホルモンでもあり、髪の毛の毛周期を狂わせる作用を持ちます。
正常な人の毛周期は、成長期の期間が5~7年と言われていますが、強制脱毛ホルモンに変換される事で3か月足らずで髪の毛は途中で抜けてしまい、結果的に脱毛の状態に導いてしまう事になります。
男性型脱毛症はそのままにしておくと全ての毛が抜けてしまう恐れが在り、進行型の脱毛症と言う事からも早めに治療を受ける事が脱毛を抑えるポイントにもなっており、遺伝子検査を受ける事で男性型脱毛症と言った症状の特定が可能になり、診断結果が男性型脱毛症と言った場合にはプロペシアの副作用や医薬品の有効性を確認した上で処方が行われると言った流れで治療が開始されます。
プロペシアを服用することで、5α-還元酵素は阻害される事になり、男性ホルモンのテストステロンと結びつくことが無くなるため、強制脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンに変換される事が無くなります。
その結果、毛周期が正しくなるので髪の毛が生えて来たあと、その毛は途中で抜けることなく太く長く伸びる事が出来るようになり、脱毛症を抑えられると言う医薬品です。
しかし、フィナステリドが含まれているプロペシアを長期的に服用されますと、下半身が萎える、性欲減退、精子減少などの副作用がありますので、これらの症状が出た際は医師に相談してみるとよろしいです。

ページの先頭へ戻る